読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

38歳 発達障がい者の七転八倒日記

小さい時から、他の人との違和感を感じながら生きてきた38歳男。日常の悪戦苦闘ぶりを纏めた日記です。

東京都民じゃないけれど、都知事選について

池上さんの「池上無双」が見たくて、真田丸終了後、TVQ(テレビ東京系)を見て、

速報を見たら・・・。

 

何?小池さん圧勝じゃない?

 

と思った。ただ、同時に

 

増田氏が当選したら、東京、いや、日本は破滅したな

 

と思ったので、ほっとしている自分がいた。

 

一応、ノブリンさんは中道左派的な思考を持っているので、小池さんは好きではない。

ただ、鳥越さんは4年後は80歳になってしまうので、21人の中でノブリンさんが都民で

選ぶとしたら、消去法で小池さんしかいなかった。

 

今回の選挙は「ネットによる報道」が「小池知事誕生」へと向かわせたきっかけに繋がったのではないかと思う。自民党東京都連は猪瀬、舛添と2人を推薦し、当選させたものの、結局は政治と金の問題で辞任。個人的は、今回は都連は小池さんが嫌だったら、責任を取って候補者を出さずに、自主投票にするべきだったと思う。しかし、都連、いや黒幕のプライドが許さなかったのか、岩手県知事時代では地方分権を掲げた増田氏を担ぎ出してしまった。

 

ネットによる報道で一番効果があったのは、猪瀬氏の「樺山都議自殺問題」ではないのか。あれを見た時、黒幕の男に怒りをぶつけたかったし、自殺報道を取り上げなかった新聞、テレビなどの既存マスコミにも怒りが込み上げた。今回の報道で、うちのバカ父親はネットマスコミの事をバカにしていたが、既存のマスコミは様々な利害関係者によって、真実の10分の1しか伝えていない。ネットマスコミの情報を信じるか信じないか、その選択も今の有権者はできるし、行動に移せるきっかけの1つとなる。

 

ところで、増田氏が当選したら、日本は破滅と書いたが、オリンピック予算、豊洲市場の移転などで大幅な予算オーバーが計上されている。こう言った大規模プログラムの運営は入札制度があってしかるべきだが、有力者の息の根が掛かっている会社の随意契約で大幅な予算が計上されてしまう。増田氏は待機児童に関して盛んにアピールしたが、待機児童対策の金は何処から出てくるのか?そして、2020年の東京オリンピック終了後、人口減少が続くこの国で誰が債務を払うのか。アテネやロンドン、リオで問題になっているし、2002日韓W杯のスタジアムを巡って札幌や大分、宮城等で問題になっている。

 

小池新知事には早速都連のボスとの戦いが待っている。経歴を見るときな臭そうな経歴を持っていて、背後にはそれ系の人がいるかも知れない。でも、最新の都民の信用を得ているから、ひるまずに頑張って欲しい。そして、若狭氏も東京地検特捜部のプライドで小池氏をサポートして欲しい。

 

ところで、今日の池上さんは少し苛立ちがあった感じがする。鳥越氏がインタビューを拒んだこと。ジャーナリスト同士であるから、やって欲しかった気がする。そして、自民党は都連会長ではなく、下村元文部科学大臣が登場。下村氏の煮え切らない答弁に池上さんは「カチッ!!」と来たのではないか。まあ、今日で石原家の政治生命も終焉になりそうだし、明日の官房長官会見であれだけ増田氏を応援したから、マスコミからの追及もあるはず。どうせ答弁いつもの答弁で終わるだろうが。