読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

38歳 発達障がい者の七転八倒日記

小さい時から、他の人との違和感を感じながら生きてきた38歳男。日常の悪戦苦闘ぶりを纏めた日記です。

名人・武邦彦 天国へ

競馬のちょっとしたこぼれ話

またも間が空いてしまいました。火曜日は職業訓練の試験、水曜日は病院で小倉。

加えて、この酷暑もあって、昨日は「睡眠時間:不明」な位、爆睡しておりました。

朝寝て、昼寝て、夜は床の上でバタンキュー→その後ベッドに移動。

完全に夏バテになってしまいました。今の冷房の掛け方は「外の気温マイナス4度が

適温」と言われていますが、そうなると設定温度が32度とかになってしまうのですが。

 

オリンピックのメダル獲得のスマートニュース速報が連続して掲示されており、

色々と処理をしながらYahoo!を見たら、「ターフの魔術師 武邦彦さん死去」と

速報が13時ごろ入っておりました。武豊騎手・武幸四郎騎手の父親として知られ、

関西所属騎手では初の通算勝利1,000勝を達成した武邦彦さんが77歳の人生に幕を

閉じました。

 

多分知らない方も多いので、簡単にプロフィールを。デビュー18年めの昭和47年に

アチーブスターで制した桜花賞が初めてのタイトル。

しかし、1ヶ月後の日本ダービーロングエースダービージョッキーになりました。

他にもタケホープキタノカチドキインターグシケン菊花賞を3勝しました。

中でも、昭和51年の有馬記念からコンビを組んだトウショウボーイはライバルの

テンポイントグリーングラスで「TTG」と呼ばれ、多くの名勝負を繰り広げました。

昭和55年には関西所属の騎手で初めての1,000勝を達成しました。

昭和60年に引退。調教師に転向しバンブーメモリーなどの名馬を育て、2009年定年で

引退。引退後はスポーツ新聞の解説コラムを書いておりました。

 

息子の豊騎手がデビューしたのは昭和62年。平成元年、イナリワン天皇賞春を制し、

父親ができなかった天皇賞ジョッキーの栄誉を僅か19歳で獲得しました。

その時のエピソードで親友の関西テレビ杉本清元アナが武邦彦さん(NHKの中継の

解説を担当)の姿を見て、「おめでとうございます」と声を掛けると「俺だったら、

もっと楽して勝っていた」と返し、その後も「今のユタカの馬のレベルだったら、俺は

もっともっと勝っていた」と息子の快進撃を喜ばない父親。しかし、ビールのCMでは

仲良く飲むシーンがあり、勝負師とは離れた父親の姿がCMに出ておりました。

 

先週の小倉競馬で騎乗停止処分を受け、今週、来週と騎乗できない武豊騎手が

大変尊敬できる偉大な人でした。今の私があるのも父親のおかげです。」

とコメント。「武邦彦の息子」のプレッシャーに負けず、日本競馬史に残る大記録を

達成してもなお、尊敬できる、偉大な人と言った武豊騎手。素敵な言葉です。

 

先日、大橋巨泉さんが亡くなりました。巨泉さんは司会もさることながら、

競馬評論家としても活躍。きっと、今は巨泉さんなどが待っているでしょう。

 

武邦彦さんのご冥福をお祈り申し上げます。

天皇陛下のビデオメッセージを見て

気になるニュース

相当悩まれた中でのご発言であったな、と思います。

 

自分がお亡くなりになった後の事、象徴天皇としての務め。

色々とお気持ちはありますが、率直にかつ憲法で抵触されない限りでの

お言葉だと思います。あとは、国民、政府等がどう考えるべきか。

重い課題を突き付けられたと思います。

 

ところで、今日のビデオメッセージで一番びっくりしたのは

 

テレビ東京がやった事

 

東日本大震災の時のビデオメッセージでは他局はやっているのに、

レディス4を通常放送したテレビ東京

アニメでテレビ東京が特番を放送するのは地球滅亡の時」と自虐的なネタをやった

テレビ東京が15時になると、予告なしに天皇陛下のお姿が。

他のテレビ局が14時50分台から前もって進めるのに、15時になると、陛下のお姿が。

これはある意味インパクトがあると思うが。

 

その後、NHKを見ると、昭和天皇の大喪の礼で解説した京都産業大学所功名誉教授。

丁寧な言葉で橋本大二郎さんと進行していたけど、まだご健在とは知りませんでした。

 

2016年って、10年分の出来事が一度にやってきた。8月なのにそう感じます。

オリンピック

観てません。それどころじゃないので。


ただ、昨日の瀬戸君、惜しかったな。

ノブリンさんはかつて住んだ町の隣町が

瀬戸君の出身なんだよね。


さて、今日、天皇陛下は何を仰るのか。

その前のバイキングで坂上忍がカッカしております。

隣のやくみつるが大人しく見える

8月6日 この日だからこそ

ノブリンさんが尊敬してやまない浜田省吾の曲を皆さんに伝えたいです。

 

しかし、この曲はアルバム「J Boy」1曲目に入ってますが、

1986年発売のアルバムで浜田省吾は今の世界を予言したのでしょうか?

「J Boy」発売から今年でちょうど30年。

福岡サンパレスは激戦だから、最終日の広島公演、

行きたいな~~~。(心の中からの叫び)

「Money」でシャウトしたいし。

 


浜田省吾 『A New Style War (ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend")』

引きこもっております・・・

発達障がいについて

月曜から今日まで何も更新をしていなかったのですが・・・。

 

ずっと家で引きこもっていました・・・。

 

ただ、家にいて、何もせずに飯だけを食いに降りていくような引きこもりではなく、

「いい意味での引きこもり」と自己弁護だけしておきます。

 

来週、職業訓練の選考試験があるので、それに向けての勉強をしているのです。

選考試験は面接と学力等を問う検査の2種類があります。学力等の検査となりますと、

いわゆる学校で勉強したものを問う試験。これであれば、めちゃイケのテストシリーズ

ですので、ハマグチェ(濱口)さんレベルではなく、いわゆるBクラスかCクラスの

ポジションの結果で何とか済むと思います。

 

しかし、学力以外の面の検査、就職活動で言えばSPIだとか適性検査になると、

思わず「うっ!!!」と唸ってしまいそうです。これはどこの大学に出ようが、

発達障がいを抱えている人は苦しむものです。

 

入学試験や入社試験で学力等を決める場合は、「50分であれば、どこから解いても

いいよ」になります。しかし、適性検査の場合、1問ごとに制限時間があって、

その制限時間内に解かなくてはならない物です。それも1分とか2分とかの短い時間。

 

発達障がいを抱えている人が社会で適合できない原因の1つに「時間配分が苦手」

という物があります。よく、ストップウォッチを使って決められた秒数で

ストップボタンを押す、いわゆる体内時計を図るもの。

武豊騎手みたいに小数第1位までぴったりと行かなくても、プラスマイナス1秒程度

で終える人が多いと思います。しかし、今自分がI Phoneのストップウォッチで

10秒を図ったところ、14秒と計測してしまいました。

 

適性検査は一問に付き1分~5分の制限時間があります。

反対の言葉や同義語を選ぶ問題は1分に20問解くものですが、知識があっても、

次の問題にとりかかろうとしたら、「止め!!!」と言われ、本来の力を発揮できない

結果になるのです。実を言うと、対策書として薄い本で問題に取り組んだノブリンさん

最初の演習は時間制限なしでやってみたのですが、制限時間1分の問題を

2分近くかかり、「スピード感ゼロだし、短期的な集中力は得意なのに・・・」と

凹んでおります。

 

もう1つ、空間認識等を問う問題の代表例として円錐などをななめに切った時の

断面図や、展開図からどういった形の箱等ができるのかという問題。これも苦戦中。

基本的な問題はOKなのですが、捻くれた問題になると、慌ててしまうもので、

これもボロボロでした。想像力が問われるものですが、微妙に違っていたりします。

その他にも色々な問題があるのですが、とにかく、普通の皆さんの倍以上脳みそを

つかって、その後に面接。ま、とにかく頑張ります。

 

そして、SPI等の適性検査で苦しんでいる大学生諸君。まずは、薄い問題集を

買ってみてから対策に取り組んだらいいよ。これは発達障がいに苦しんでいる

人もそうでない人も。あんな分厚い問題集、いつ、取り組めるの?

エントリーシートとか色々やらなければならない事があるから。

 

 

 

東京都民じゃないけれど、都知事選について

気になるニュース

池上さんの「池上無双」が見たくて、真田丸終了後、TVQ(テレビ東京系)を見て、

速報を見たら・・・。

 

何?小池さん圧勝じゃない?

 

と思った。ただ、同時に

 

増田氏が当選したら、東京、いや、日本は破滅したな

 

と思ったので、ほっとしている自分がいた。

 

一応、ノブリンさんは中道左派的な思考を持っているので、小池さんは好きではない。

ただ、鳥越さんは4年後は80歳になってしまうので、21人の中でノブリンさんが都民で

選ぶとしたら、消去法で小池さんしかいなかった。

 

今回の選挙は「ネットによる報道」が「小池知事誕生」へと向かわせたきっかけに繋がったのではないかと思う。自民党東京都連は猪瀬、舛添と2人を推薦し、当選させたものの、結局は政治と金の問題で辞任。個人的は、今回は都連は小池さんが嫌だったら、責任を取って候補者を出さずに、自主投票にするべきだったと思う。しかし、都連、いや黒幕のプライドが許さなかったのか、岩手県知事時代では地方分権を掲げた増田氏を担ぎ出してしまった。

 

ネットによる報道で一番効果があったのは、猪瀬氏の「樺山都議自殺問題」ではないのか。あれを見た時、黒幕の男に怒りをぶつけたかったし、自殺報道を取り上げなかった新聞、テレビなどの既存マスコミにも怒りが込み上げた。今回の報道で、うちのバカ父親はネットマスコミの事をバカにしていたが、既存のマスコミは様々な利害関係者によって、真実の10分の1しか伝えていない。ネットマスコミの情報を信じるか信じないか、その選択も今の有権者はできるし、行動に移せるきっかけの1つとなる。

 

ところで、増田氏が当選したら、日本は破滅と書いたが、オリンピック予算、豊洲市場の移転などで大幅な予算オーバーが計上されている。こう言った大規模プログラムの運営は入札制度があってしかるべきだが、有力者の息の根が掛かっている会社の随意契約で大幅な予算が計上されてしまう。増田氏は待機児童に関して盛んにアピールしたが、待機児童対策の金は何処から出てくるのか?そして、2020年の東京オリンピック終了後、人口減少が続くこの国で誰が債務を払うのか。アテネやロンドン、リオで問題になっているし、2002日韓W杯のスタジアムを巡って札幌や大分、宮城等で問題になっている。

 

小池新知事には早速都連のボスとの戦いが待っている。経歴を見るときな臭そうな経歴を持っていて、背後にはそれ系の人がいるかも知れない。でも、最新の都民の信用を得ているから、ひるまずに頑張って欲しい。そして、若狭氏も東京地検特捜部のプライドで小池氏をサポートして欲しい。

 

ところで、今日の池上さんは少し苛立ちがあった感じがする。鳥越氏がインタビューを拒んだこと。ジャーナリスト同士であるから、やって欲しかった気がする。そして、自民党は都連会長ではなく、下村元文部科学大臣が登場。下村氏の煮え切らない答弁に池上さんは「カチッ!!」と来たのではないか。まあ、今日で石原家の政治生命も終焉になりそうだし、明日の官房長官会見であれだけ増田氏を応援したから、マスコミからの追及もあるはず。どうせ答弁いつもの答弁で終わるだろうが。

直線1000m

競馬のちょっとしたこぼれ話

おはようございます。

 

毎日更新すると思いながら、全然更新できていない状況ですが、理由がありまして

 

月曜日 職業訓練の見学に酷暑の中スーツ着用→自宅で爆睡。

水曜日 病院と障害者仕事センターで面談→自宅まで往復3時間で疲労度半端なし

木曜日 金曜日にアンテナ修理が来るのでゴミ屋敷をとりあえず清掃→爆睡

金曜日 アンテナ修理対応で疲労感MAX→クーラー掛けたまま爆睡

土曜日 デスクでリクライニングしようとしたら、ねじが外れて、椅子毎倒れる

   →尾てい骨強打

 

夏バテで爆睡+尾てい骨強打。一気に老化現象が進んだ気がします。

 

さて、日曜日なので競馬の話。今週から札幌、新潟、小倉の3競馬場でスタートです。

ちなみに、この3つの競馬場、全て行きました。札幌は仕事で札幌に赴任→朝5時からの調教見学に行った事も。新潟は2回行きました。小倉は九州なので年に1回。昨年は馬主席で見に行って、オーナーでもないのに関係者の部屋に入ったら、大好きな南井克己元騎手が入ってしまい、テレビに映っていたレースの内容が覚えていません。

 

競馬中継を見た事のある人はご存知ですが、日本の競馬場はアメリカの競馬場を真似て、陸上のトラックを模したコースになっております。時計回りに回るコースもあれば、反時計回りに行われるコースも。ダービーとかは反時計回り(左回り)、有馬記念は時計回り(右回り)のコース。

 

札幌と小倉の競馬場は反時計回りの右回りコース。一方、新潟競馬場は左回りで行われますが、今日の新潟のメインレース、アイビスサマーダッシュは・・・。

 

芝直線1000m

新潟競馬場は日本で唯一直線のみの競馬ができるコースなのです。ちなみにヨーロッパの競馬場ではイギリスのニューマーケット競馬場は2013mの直線コースがあります。日本で一番大きい新潟競馬場の芝の外回りの1周が2,248m。世界は大きいなあ。

 

直線の競馬ですが、陸上の様にレーンがないもの。1000mのスタート地点からしばらく走ると、外回りコースの芝に合流します。新潟競馬場は芝のレースは他にも行っているので、1番、2番からスタートした馬はそのまま走ると、既に走った馬の足跡があるので、少しでも外へ出していきます。それにつられて、他の馬も段々外へ走路を確保。

 

一方、10番~18番の馬は足跡のない外へ一目散にダッシュ。つまり、観客の目の前に馬が走り、ゴール前は観客が手を伸ばせば届きそうな馬に馬が走る。これが新潟直線コースの魅力であります。従って、逃げたい馬がスタートで失敗したら、挽回しようとしても行き場がない。そうなると、敢えて、馬場の悪いインコースに走らせる。そういった騎手の心理戦も楽しめます。

 

さて、今年のレース。連覇を狙うベルカントは4番枠からのスタート。前で競馬をしたい馬なので、恐らく、外へ出したいところ。一方、2番人気は前へ行ってレースをしたい馬にとって絶好の一番外の13番枠。スタートしたら、騎乗する内田騎手は真っ先に外へ馬を寄せるでしょう。前へ行きたい馬は4番人気のアットウィル。こちらも11番枠からのスタート。ネロに併せた形で行きたいでしょう。

 

一方、新潟の直線でネロに勝った事のあるプリンセスムーンは6番枠。スタートを決めれれば、5,6番手でレースを進めて、最後にスパートを掛ける。2年連続3着のアースソニックは12番枠なので、ネロとベルカント、アットウィルの進み方次第でレースを進めるでしょう。そんな中で不気味なのは1番枠のヤマニンプチガドー。新潟直線は4着以下ないので、敢えてインコースで耐えて、前に行く馬のスタミナが切れたところで追込みを掛ける。もう1頭。 7番のファンデルワールス。全く人気はないのですが、新潟直線コースに強い西田騎手が騎乗するので、策士西田がどう見るか。

 

たった1つのレースでも、色々な見方がある。競馬を楽しむ程度にやっている人は多分、頭を使うので、ボケないでしょう。

 

ちなみに、ノブリンさんはアースソニックとプリンセスムーンに注目。果たして、ノブリンさんの蘊蓄がどうなるのか。フジテレビ系で競馬を中継している所は15:45スタート。競馬に興味がない人も一度ごらんあれ。